崖の上のガラスコーティング
ホーム > 金融 > 闇金から逃げるために!任意整理:デメリット

闇金から逃げるために!任意整理:デメリット

任意整理のデメリットとは、減額交渉でしょう。

 

任意整理の減額交渉では、債権者と直接交渉です。つまり、債務者は闇金業者と交渉する事になります。相手は、一般的な消費者金融とは違う違法業者ですので、交渉が難航する可能性が高いです。

 

任意整理手続きの平均的な期間は半年から1年半です。闇金が相手の場合、更に期間がのびます。相手が減額交渉に全く応じない場合、何年経っても手続きが終わりません。結果、闇金から逃げるまでに時間がかかる事になります。

 

専門家への依頼が必須な事もデメリットです。

 

債務者自身が闇金業者相手とまともに交渉していくのは至難の技です。したがって、専門家を依頼する事になります。ここで依頼費用がかかります。専門家も闇金業者との交渉に慣れた人、事務所を見つけ、依頼する必要があります。特殊な案件として債務整理をお願いする事を考えると、費用もそれなりにかかります。依頼する債務者側にとってはこちらもデメリットと言えるのかもしれません。

 

悪い点ばかりをピックアップしましたが、闇金から逃げるためには専門家の知識、経験、ノウハウは必須です。いち早く取り立てから開放されたいとお考えの方は、専門家選びに重点をおいてください。違法業者に強い専門家相談する所から始めてみてください。

これが最善の闇金取り立て対策と言えるのではないでしょうか。