崖の上のガラスコーティング
ホーム > 社会保険 > 国民健康保険とは?

国民健康保険とは?

国民健康保険とは、社会保険などの職場単位で編成されている被用者保険に加入していない人が、住民登録のある市区町村で加入することを義務づけられている健康保険のことをいいます。

略して「国保」と呼ばれています。

 

国民健康保険は、日本の社会保障制度の1つで、国民健康保険の加入者が病気やケガ、出産、死亡した場合に必要な医療費が保険料から支払われる制度です。

 

 

年金の新規適用届けはこちらで、どうぞ。

 

 

 

主に、会社を退職して無職となった人(社保の扶養に入った人は別)や、被用者保険に加入することのできない自営業者が加入します。

日本の健康保険制度は「国民皆保険」が基本で、どの被用者保険にも加入していない状態(無保険状態)になった人は原則として国保に加入する、ということです。

 

一度加入の届け出を行えば、適用除外(社会保険加入、転出など)の要件に該当しない限り脱退することはできません。